• 投稿 2017/01/27 
  • 未分類

久々なのに暗い話を申し訳ないです。

 

去年から低迷しっぱなしの古着転売ですが、

いよいよ仕入れ先にしていた売り場が閉鎖することになりました。

 

今さらだから書くと

中古市場では2番手の会社がやっているお店の売り場の一つって感じです。

さほど大きな会社でもないと思ってますが、

扱っているのがジュエリーやブランドバッグ、時計など高額商品が多いので2番手のになっていると思われます。

ちなみに一番手は当然ながら圧倒的シェアでブックオフ。

 

 

まあ縮小して移転だと言うけれど終わりでしょうね。

今までも何度か移転を繰り返していますが縮小は始めてです。

こちらの売り場だけではなく、買取センターも移転。

買取センターは立派なのを建ててから3年にならないんだけどね。

すでに水面下では終わっていたってことですよ。

 

 

原因は素人で経済にも興味のないわたしが言うのもなんだけど

中国人の爆買いがなくなった影響が大きいんだと思ってます。

爆買いが話題になる少し前から商店街の通りには観光バスが頻繁に来て、

大量の観光客を下ろしたり、拾ったりしてました。

 

本館前には大きなスーツケースを抱えた観光客がいつもいたし、

ジュエリーコーナー、高級ブランドバッグコーバーにも人が溢れ、

時計売り場も賑やかでした。

かなり活発にモノが動いていたんだと思う。

 

 

 

そのころにはオークションでも明らかに仲買人と思われる落札者が数人。

同業のヤフオクIDを検索するとなぜか中国語に翻訳されたサイトが出てきてました。

どう言うシステムだったのかわからないけど中国語vrでそれだけアクセスあったということでしょう。

 

落札は中国名でレターパックで指定の番号を入れて発送というパターン。

なんども同じ名前であらゆるものを落札していたので商売のはずです。

入金が早く評価もないがクレームもないのでいい落札者ではありました。

人気なのはツモリチサトとかイッセイミヤケなど。

その頃にヤフオクである程度の数こなしてた人なら思い当たると思われます。

 

中国パワー恐るべし。

 

 

そんな訳でアフィリエイトで頑張るしかないってことになった訳です。

でも去年6月から本格的に始めてトータルは持ち出しです。

今年は黒字にはしたいけど「稼いだ」って実感ができるほど稼げるだろうか。。。

 

「遊びじゃねぇんだ!」

っといちえんさんのご主人に渇をいれていただきたいw

 

先月は12月というのにもうヤフオクに出品するものもなく、

「ヒッキー」だの「無職」だの娘に言われてるんだよね。。。。